WEAR_ロゴ tiktok_ロゴ

大根 大根

大根は冷凍できる?おいしい大根の見分け方と保存方法

大根の保存

冬の食卓で大活躍する大根。

 

おでんにサラダに大根おろしなど、いろいろな切り方や調理方法で食べられる大根ですが、使い切る前にしなしなになったり傷んでしまうことも多い食材ですよね。

 

今回は、おいしい大根の見分け方とともに、みずみずしい大根をおいしく食べ切るための保存方法をご紹介します!

 

新鮮でおいしい大根はここをチェック!

新鮮な大根

まずは葉の部分も合わせて、おいしい大根の見分け方をご紹介します。

おいしい大根

新鮮な大根のポイント

・髭根(ひげね)が少ない
・まっすぐで均一な太さ
・表面に傷がなくつやつやしている
・緑色の部分が短い

 

写真で点々に見えている小さなくぼみが髭根です。

 

栄養が足りない時に出てくる髭根は、少ないほうが栄養が行き届いて成長している証拠。まっすぐに育っているのも、栄養が偏りなく全体に行き渡っている証です。

 

大根の葉に近い部分が緑色になっているのは、土から出ていたところ。土から出ていない部分のほうが柔らかく甘みがあるので、緑色の部分が少ない大根を選ぶのがおすすめです。

 

大根のス

ちなみにカットされた大根を買う際は断面が乾燥していないか、“鬆(ス)”(やや透明になっている部分)が入っていないかチェックしてください。

 

“鬆(ス)”の部分は水分が抜けてスカスカになっているので、みずみずしさが劣ってしまいます。

 

この時期の大根は立派な葉が付いた状態で売られていることも多いですよね。そこで新鮮な大根の葉もチェックしてみましょう。

大根の葉

葉っぱもチェック!

・葉っぱ全体がきれいな緑色

・黄色くなっていない

・しなしなになっていない

・しっかり長く生えている

 

しっかり長く生えている葉は太陽の光をたっぷり浴びています。大き過ぎるものは固くなっていますが、ある程度長さがあるものがおいしく食べやすいです。

 

以上の状態でない大根は出荷されてからだいぶ時間が経っていて、乾燥している状態。

 

食べられないわけではありませんが、おいしさは劣ります。

 

乾燥すると煮物にしても柔らかい食感にならず、大根本来の良さが出てきません。こうなる前に使い切りたいですね。

 

新鮮な大根の劣化を抑える! 鮮度を長持ちさせる大根の保存方法

 

買ってきた大根を、買ってきたままの状態で冷蔵庫に入れていませんか?

 

実は大根は保温と保湿が大切。ひと工夫して保存すると、しなしなにならず、驚くほど長持ちしてくれるんですよ!

 

身の部分の冷蔵保存(約1週間〜2週間)

身の部分の冷蔵保存(約1週間〜2週間)

作り方

大根を切る
1

葉の部分と身の部分を切り分ける。

POINT

大根の成長点は葉が生えてくる部分。切り落とすことで成長を止めて葉っぱと身の部分(主根)、それぞれの鮮度を保つことができます。

大根の保存
大根の保存
2

切り落とした断面を少しだけ湿らせたキッチンペーパーで覆い、その上からポリ袋をかぶせる。

POINT

キッチンペーパーを少し湿らせるのは包みやすくするため。濡らしすぎはカビの原因になるので要注意。ポリ袋はラップでも代用可能です!

大根の保存
3

[2]を紙で包み、立てた状態で冷蔵庫に入れて保存する。

POINT

時間がない時は、紙に包むだけでもOK。買ってきたままの状態より、鮮度を保つことができます。また、大根は育てた環境と同じように保存すると長持ちします。冷蔵庫で立てて保存できる場合は、ぜひ試してみてください。

 

葉の部分の冷蔵保存(約1週間〜2週間)

葉の部分の冷蔵保存(約1週間〜2週間)

作り方

大根の葉の保存
1

湿らせたキッチンペーパーで葉の全体を包む。

大根の葉の保存
2

[1]をポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存する。

POINT

葉の部分は乾燥しやすいので保湿が大切。できるだけ葉の全体が入るポリ袋に入れてくださいね。

 

身の部分の冷凍保存(約1カ月)

身の部分の冷凍保存(約1カ月)

作り方

大根の冷凍保存
1

大根を2cm程度に厚切りし、皮を剥く。

POINT

用途や好みに合わせて面取りすると◎!

大根の冷凍保存
2

[1]をフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて冷凍庫で保存する。

POINT

厚切りした大根を冷凍保存しておけば、煮物やおでんをしたい時の下ごしらえがちょっと楽になります。

 

葉の部分の冷凍保存(約1カ月)

葉の部分の冷凍保存(約1カ月)

作り方

大根の葉を洗う
1

大根の葉を切り落とし、切り落とした部分を中心に全体をよく洗う。

大根の葉を切る
2

[1]を小口切りにする。

大根の葉の冷凍保存
3

[2]をフリーザーバッグに入れ、空気を抜いたら冷凍庫で保存する。

POINT

空気を抜くことで鮮度を保ちながら保存できます。葉っぱを乾燥させると鮮度が落ちやすくなるので、しっかり空気を抜いてから冷凍しましょう!

 

大根の葉っぱはふりかけや菜飯など、細かく刻んで使える用途がたくさん! 食卓を彩る一品になる食材なので、葉付き大根が手に入った時はぜひお試しください。

 

粗めにおろした新鮮な大根おろしが主役!「和風サルサ」のレシピ

シャキッとしたまま長持ちさせた大根は、食感と香りを楽しむ大根おろしにもおすすめ! 粗めにおろした「鬼おろし」は、ガッツリ系の肉料理をさっぱりさせてくれる名脇役です。

 

パンチのある肉料理には、やさしい味わいの「Theうまみ たまごスープ」がぴったり。お肉のうまみと卵の風味の相乗効果で、箸が止まらなくなります!

 

ワイルドな食感が魅力!「シャキッと粗目 大根おろし皿」と和風サルサレシピ

 

* * *

 

葉のついた丸ごと大根が出回りやすくなる冬の時期、保存のコツをおさえるだけで格段に長持ちさせることができます。葉っぱも身の部分もみずみずしく保存しておいしく使い切りましょう!

 

(文・編集/エドゥカーレ 写真/飯塚麻美)

今回紹介したフリーズドライ商品

Theうまみ たまごスープ

※写真はイメージです。

Theうまみ たまごスープ

Theうまみ たまごスープ

118円(税込)

この商品を見る

たまご本来の旨みを充分に引き出した、あふれる「うまみ」のたまごスープです。たまご量2倍のたまごのボリュームと、全卵に卵黄を加えることで黄身濃厚な味わいに仕上げたたまごの旨みにこだわりました。
※当社「きょうのスープたまごスープ」と比較(たまご量2倍は全卵と卵黄を合わせた量です)

  • 教えてくれた人

    ごはんさん

    訪問調理師/子ども料理研究家

    ごはんさん

    累計1,500件以上のお宅を訪問し、各家庭の味に寄り添った簡単で身体に優しい料理を提案している。著書『数カ月先まで予約でいっぱい! 訪問調理師ごはんさんのどんどんおかわりする子ども大好きレシピ78』『訪問調理師ごはんさんの野菜大好きレシピ』等。

    累計1,500件以上のお宅を訪問し、各家庭の味に寄り添った簡単で身体に優しい料理を提案している。著書『数カ月先まで予約でいっぱい! 訪問調理師ごはんさんのどんどんおかわりする子ども大好きレシピ78』『訪問調理師ごはんさんの野菜大好きレシピ』等。

この記事をシェアする

関連記事

RELATED ARTICLES

公式オンラインショップ
TOP
お箸
波背景波背景